宮古人形 三、五月節句品 ・羽子板 ・破魔弓・トーロー・提灯 ・各種人形・材料
homehomehomehomehomehomehomehome
羽子板・破魔弓
  羽子板
  破魔弓
  贈答について
  飾る時期
吉梠蛹 羽子板 破魔弓
雛人形
五月人形
盆提灯・灯籠
結納用品・嫁節句
五節句のお祝い
人生の節目節目に、そして日々の暮らしのお祝いやお慶びのシーンに、
ぜひお目出度い縁起物の羽子板・破魔弓を飾ってみてはいかがでしょうか。

羽子板 女の子の初正月に厄を跳ね(羽)のけ幸せを呼ぶ
羽子板の歴史は室町時代からで、宮中での羽根つきの記録が残っています。
その昔、羽子板には左義長(さぎちょう:正月が終わって門松などを焼く宮中行事)が描かれていましたが、江戸時代の後期頃からは歌舞伎役者の姿を押絵で作って板に貼った「押絵羽子板」が流行り、発展して日本の伝統工芸のひとつになりました。
また、羽子板の羽根の玉は「むくろじ」(=無患子)の木の種で、無病息災を意味します。女の子の健やかな成長と幸せな人生を願って、初正月に羽子板が贈られるようになりました。その伝統は現代に受け継がれています。
吉梠蛹 百花
【吉徳大光 百花】
 
破魔弓 男の子の初正月に、破魔の弓矢で邪気を撃ち破る
男子誕生の初正月に「破魔弓」を飾って、わが子の健やかな成長と出世を願って祝う現代のカタチになったのは、江戸時代から。しかしその原型としての破魔弓は、平安時代より伝わる、朝廷で皇子誕生の際、弓の弦を鳴らし魔を祓う「鳴弦」の行事があります。
元々は魔や災厄をはらい除く神事用の弓として用いられており、また当時の武家社会では武具としての弓を立派に引けることが一人前の男子となる証でもありました。その後、破魔弓を正月に飾る風習は広く一般へ伝わり、破魔弓を飾って、魔を追いはらう、男の子の健やかな成長のお守りとして現代に受け継がれています。
吉梠蛹 飛龍
【吉徳大光 飛龍】
 
初節句に贈る場合、一般的には赤ちゃんの祖父母が贈ることが多いようですが、特に決まりはありません。
羽子板・破魔弓はその子の幸せを願う大切なお守り。
一人に一つ贈ってお祝いしてあげましょう。

※お節句のお祝い品はこちらをご覧ください。
吉梠蛹 破魔弓 吉梠蛹 羽子板
 
一般的には12月下旬には飾り付けをします。

またお節句のときに、それぞれお雛様や鎧兜と一緒に飾ると、お祝いムードがアップしてより華やかな雰囲気になります。
吉梠蛹 破魔弓 吉梠蛹 羽子板
 
ページトップへ
 
   
〒780-0929 高知市桜馬場9-4 TEL 088-824-2788 FAX 088-873-3083
営業時間/AM9:00〜PM6:00(5月中旬〜11月末)/ 〜PM7:00(節句期間中)
年中無休(元日のみお休み)駐車場完備
宮古人形